アジア開発事業協同組合

受入可能な実習生数

1年間に受入可能な技能実習生(「技能実習生1号」資格者)は、受け入れる企業の常勤社員数で区分けされています。

受入可能な実習生数は、常勤社員が50名以下で3人以内、常勤社員51~100名で6人以内、常勤社員101~200名で10人以内、常勤社員201~300名で15人以内、常勤社員300名以上で常勤社員の5%以内と決められています。

例えば、従業員数が20人の企業の場合は、

1年目から3名ずつ受入していくと、3年目から最大9名の実習生を受入できます。

HOME > 外国人技能実習制度の仕組み > 受入可能な実習生数