アジア開発事業協同組合

受入可能な業種

技能実習を行える職種は、実習生が技能実習修了後に母国に帰り、日本で修得した技能、知識を活かせる職種であることが必要です。
また、母国での修得が困難な技能を修得するために、日本での技能実習が必要であることも要件となります。

受入可能な業種 PDFダウンロード

HOME > 外国人技能実習制度の仕組み > 受入可能な業種