アジア開発事業協同組合

外国人技能実習制度とは

外国人技能実習生制度とは、開発途上国の経済発展・産業振興を担う人材を、日本の産業界に受け入れ、技術等を修得してもらうしくみです。
技能実習の期間は、最長で3年間です。

1年間の技術実習の後、技能検定に合格した者のみ、あと2年間、習熟のための実習を行うことができます。

HOME > 外国人技能実習制度の仕組み > 外国人技能実習制度とは